トイレにクッションフロアを失敗せずきれいに貼るコツは?

トイレにクッションフロアを失敗せずきれいに貼るコツは?工作・DIY・手芸
この記事は約7分で読めます。

トイレの床にもともと貼ってあるタイルやクッションフロアが気に入らない。

古くなって汚く見えるから貼り替えたい。

 

でも、業者に頼むとそれなりに費用がかかるし、できれば自分で安く済ませられないだろうか?

こんな風に考える人も少なくないですよね。

 

私の家のトイレの床も随分古くなったので、ちょっとイメージも変えたいし、クッションフロアを上から貼ることにしたのです。

でも、トイレって狭いし、デコボコも多いのですごく貼りにくそう…

実際貼ったら思っていた以上に難関がたくさんありました。

そして、結構慎重に作業したつもりでしたが、壁との間に微妙に隙間ができてしまい、古い床が見えている・・・

 

そんな私の失敗体験から、トイレのクッションフロアを上手に貼るコツがいろいろ浮かびあがってきたので残したいと思います。

また、端に隙間ができてしまったことに対しては、ある簡単な方法で良い感じにごまかすことができました。笑

そのことも合わせて記事に残します。

これからトイレにクッションフロアを貼ろうと思う人の参考になればうれしいです。

 

 

クッションフロアの貼り方は?多少のミスはこれでカバーできるかも!

 

今回私が行なったのは、クッションフロアの貼り替えではなく、もともとある素材の上に重ねて貼る方法です。

もとの素材をはがして新たに貼る方が良いのでしょうが、そこまではできず(^^;)

実際にトイレ床にクッションフロアを貼る方法については、こちらの動画を参考にさせていただきました。

トイレの床にクッションフロアを貼る方法ー簡単DIY編ー(動画)

 

簡単に流れを書きますと、

1、トイレの床などに置いてあるものを全て除去。

2、床を綺麗に拭き掃除

3、新聞紙で型をとる(便器などデコボコがあるため事前に型紙をつくる方がスムーズ)。

4、つくった型紙通りにクッションフロアを切り抜く。

5、切り抜いたクッションフロアを床に当ててみる。

6、サイズなどOKなら専用の糊または両面テープで接着。

 

こんな感じになります。

 

型紙つくりのポイントは?

動画で見るととても簡単そうに見えて、すぐできると思っていました(^^;)

でも、実際のトイレは壁があるし狭くて、特に便器の奥の方なんて自分の身体をねじ込んで作業をしなければならず、結構大変でした。汗

 

私も動画のように新聞紙で型を取りましたが、新聞紙の上に自分も乗って作業することになるので、慎重にしてもサイズが微妙にずれちゃうんですよね。

つくった型紙も画像で紹介したら良かったですが、すみません、捨ててしまいました…

 

型紙として使用するのは新聞紙で良いと思いますが、可能であれば二重にするなどして、少し強度を高めた方がつくりやすいかもしれないです。

あるいは、もう少し厚みのある紙を少しずつテープでくっつけながら型紙をつくると良いのかなと思いました。

厚すぎても取り扱いずらいので、コピー用紙くらいの厚みが良いかもです。

 

クッションフロアの型抜きのポイントは?

型がつくれたら、今度はクッションフロアを型通りに切り抜く作業です。

私が使用したクッションフロアは、くるくると巻かれてある状態でした。

 

ですので、まず事前にしっかり伸ばしておく作業が必要になります。

単純に、巻かれていた方とは裏側にくるくる巻いて、洗濯ばさみみたいなもので固定し、半日ほどもすればだいたい伸びました。

端の方は微妙にカーブした状態でしたが、だいたい伸びていればいけるやろうと安易な気持ちで作業を進めました。しかし、これは失敗です。

端がカーブしている状態で型を当てて切ろうとしても、カーブの部分のせいで微妙にずれてしまうんです。

ですから、クッションフロアの端を軽く温めて硬くて重いものをのせておくなどして、しっかりとまっすぐ伸ばして作業するのがおすすめです。

このひと手間がとても大事だったと後で後悔(^^;)

クッションフロアはハサミで簡単に切れました。

きっちり型紙を当てて、慎重にずれがないか確認しながら切り進めていくのがおすすめです。

少々時間がかかっても、ここは丁寧が一番です。

あと、重要なポイントが!

 

クッションフロアを型通りに切り抜く時、裏表に十分注意が必要です。

 

クッションフロアの裏側に型紙を当てて、マジックなどで型をうつしてから切りますよね。

その際型紙とクッションフロアの当てる向き、十分確認しは方が良いですよ~

私はうっかり間違えかけました。

 

クッションフロアを床に接着するポイントは?

私は、家にあった壁紙用の糊を使用しました。

クッションフロアは厚みがあるので、トイレの床のサイズぴったりに切り抜けば、糊や両面テープがなくても、そこそこ固定はされます。

ですから、私の場合は今後またクッションフロアを貼り替える可能性も視野にいれ、床前面に糊をつけるのはやめました。

それぞれ端から10cmくらいの範囲で糊をつけて固定しましたが、特に見た目は気になりません。

貼り替えを考えるなら、両面テープが良かったかなとちょっと思います。

まず最初に一旦糊などなしの状態で、クッションフロアを床に当てて、サイズを確認してからがおすすめです。

慣れない場合は、床全体に糊をつけてからより、少しずつ端から糊をつけて貼って・・・と順番に進めていく方が良い気がします。

 

 

 

トイレにクッションフロアを貼ったら微妙に失敗・・・ごまかし方は?

 

 

一通りの手順を終え、どうにかクッションフロアを床に貼ることができました。

ただ、型抜きの段階で少々ズレたのか、端が微妙に合わず隙間が・・・

トイレのクッションフロアと壁の隙間

完璧を求める方にはおすすめできませんが、私の場合は見た感じ大丈夫ならまあOKと考えていました。

なので、あるものでごまかし作業を・・・

あるものとは、補修テープです。

ホームセンターには壁紙のはがれや傷の部分に貼って簡単に補修ができるサイズの小さな壁紙テープがいろいろ売られています。

100均にもあったので、私は今回貼ったクッションフロアに色が近いものを選んで1つ購入し、これで隙間を隠すことにしました。

どうでしょう?

隙間ほ補修テープで埋めた状態

たぶん言われなければそんなに気にならないレベルだとは思います。

 

トイレは狭いので、型紙をつくる時、どうしても自分も型紙の上に乗っての作業になります。

なので、自分が動くと型紙も動いちゃうんです。

そのため、かなり慎重にしていても、多少ズレてしまうかなと思います。

特にトイレの便器の奥の方はなんて、狭すぎて手がどうにか届くかなという感じ。

なので細かく繊細な動きが難しいので、どうしても少し雑になってしまいました。

ですから、その点を見越して、あらかじめクッションフロアに似た色の補修テープを便器周りや、排管の周り、壁に密接する部分の床など、隙間ができやすそうなところに貼っておくのも1つかもしれません。

例えば下の画像の矢印のあたりの隙間ができそうな部分とかですね。

トイレの奥の方の床

 

そうすれば、多少ズレて隙間ができても、そんなに目立たずに済むと思います。

 

 

 

まとめ

 

 

トイレのクッションフロアを失敗せずきれいに貼る方法について、実際の体験をもとに気づきを書きました。

いかがでしょうか?

 

トイレの床は範囲が広くて一見すぐ終わりそうな感じもしますが、とにかく狭いです。

なので、完璧を求める場合には、やはり専門の業者さんに頼むのが無難かと思います。

ですが、

・型抜きをとにかく慎重に丁寧に行う

・隙間が出来そうな部分には、クッションフロアの色に近い補修テープをあらかじめ貼っておく

このような方法で、なんとかなるかなと思います。

きれいに貼れると良いですね!

 

参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました