昔の日記の処分はどうする?捨てた方がいいの?

生活の悩み
この記事は約5分で読めます。

人には様々な思い出を残す方法がありますよね。

写真アルバム、ブログ、そして日記…。

 

それぞれに、いろんな記憶や感情が詰まっていると思います。

その中でも日記は、文字を通して、その時の思いなどリアルに思い出されたりしますよね。

そんな日記って、みなさんどうされていますか?

どんどん増えているけど、なかなか処分ができないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで、今回この記事では、日記の処分の仕方について、ご紹介したいと思います。

 

 

私は、もう昔の日記は処分しました^^
その処分の方法は、凄くシンプルなものでしたが…。

 

では、私の処分方法並びに世間の皆様はどう処分しているのかを調べた上で、日記の扱い方をお話しますね!

 

 

やっぱり日記は捨てられない!そもそも捨てるタイミングってあるの?

 

 

日記を捨てる行為って、結構勇気いりますよね…。

今までの嫌だった思い出もなんだかんだ自分を成長させてくれた事柄だったり、楽しい思い出も…。

 

でも、もし捨てるんだったら、固執しててはなかなか捨てられませんよ?

まずは、自分との気持ちに折り合いをつけましょう。

引き返すなら今ですよ^^

 

 

では、踏ん切りがつきましたか?

 

なのでまずは、捨てるタイミングからお話しますね。

 

日記といっても、モノによります。
もう何十年と付き合ってくれた日記と、1年付き合ってくれた日記では重みが違います。

時間が経てば経つほど捨てにくいですから^^;

 

なので、それぞれの処分するタイミングを紹介しますね。

★何年来の日記

最後に、日記に対する思いを書いてから捨てましょう。

タイミングはいつでもいいですよ。
結婚、離婚、引っ越し、キリのいい年など人生の転換期などに捨てるといいかも!

 

★1年日記

まだ日が浅いなら、「ありがとうございました。」って捨てるといいですよ。

タイミングは、どうせなら一年書いてからとかの方が踏ん切りがつく事もあるので、試してみて下さい!

 

 

といった感じなのですが、もしまだ必要な日記のページがあるのならデータ化して取っておくのも一つの手です。

 

例えば、写メ・写真にするなりして、それだけ管理したりですね。
(上級者はパソコンに落としたりも!)

是非、参考にしてみて下さいね!

 

 

 

そのままじゃダメ?日記の捨て方で注意するポイント

 

 

そのまま捨てたらどうなるか想像しましょう。

 

1、「やっぱり…。」と捨てるのを先延ばしにしてしまう。

2、家族の誰かに見られる可能性も。

3、ゴミ袋のたまたま目につく場所にあってスピーカーな近所にバレる。

 

ですとか。

1の場合だと意味がないですし、2や3は恥ずかしいですよね!

 

 

では、世間の皆さんはどう処分しているのでしょう?

・ビリビリにして燃やす 

・ビリビリにして水に浸ける 

・シュレッダー

だそうです。

 

確かに、個人情報(個人名、会社名、電話番号、住所など)が日記の中に書かれてたら危ないですもんね。

 

勿論、その方法もいいのですが、他にも方法があるので紹介しますね!

 

1、チラシや新聞紙に包んで、燃えるゴミに捨てる方法

2、市民団体である「日本手帖の会」といった組織が供養してるので任せる方法

3、自分の手で少しずつ破っていく方法

 

これらの方法もあるので、じっくり考えて処分しましょうね!

 

但し、自分の家でキャンプファイヤーしてはダメですよ!!笑

人にも迷惑をかけるし、あなたも嫌な匂いを浴びる事になりますからね…。

 

日記の扱い方によっては・・・

たまたま押し入れから出てきた場合とか、かなりホコリ被ってたり、ススだらけで汚い事も。

 

これだと、なかなか触りたくはないですよね。

かといって、無下に捨てるのも気が引けるなら、手袋して綺麗にしてから捨てましょう。

 

オカルトではないですが、風水的にもあなた的にもよろしくないので…。

 

日記に書かれた事は、それまでのあなたの人生なので、しっかり葬るためにも。

 

忘れる事はないと思いますが、お世話になった日記の最期くらいは…ね。

お人形や写真と扱いは一緒!ですよ。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

1、処分するタイミングは転換期に多いです。
2、日記の処分の仕方は、様々な方法があるので納得のいく方法出処分しましょう。
3、押し入れから出てきた場合はキレイにしてから処分してあげましょう。

が、処分に悩む日記の扱い方です。

 

これで、日記との付き合い方が健全なものになれますよ!

 

人間、誰だって気持ちを言葉にしたくなる時もありますから、日記は大切なものになりやすいんですよね。

 

中にはダイエットや証拠集め用に使う人もいますが…。

ですが、たまには未来を見据えて考えてみるのもいいですよ!
(自分が死ぬ前に処分しないと恥ずかしいとか^^;)

タイトルとURLをコピーしました