何故かいつも比較されてしまうのが辛い・・・うまく流す方法はある?

何故かいつも比較されてしまうのが辛い・・・うまく流す方法はある?心理
この記事は約6分で読めます。

何故かいつも比較されてしまうのが辛い・・・

 

こんな風に、心が泣きそうになっていませんか?

 

と、いうのは誰かが褒められる事で自分が出来てないみたいに感じてしまう事ってあると思うんです。

 

それってもしかして、幼い時からだったのでは?

 

私もずっと幼い時から、4歳離れた弟と散々比較されて育ったんです^^;

結果、誰かが褒められてるのを聴くと、遠まわしの嫌味に聞こえてしまう時期がありました。

 

これに関しては、比較されずに育ったり比較されても上手くフォローしてくれる人達に恵まれている人には触れられたくないですよね。

 

なので、比較された経験アリで心の動きを上手くコントロールする方法を得た私が、あなたにアドバイスをしますね!

これでもう、たとえ比較されても上手く流せるようになりますよ!

 

 

 

誰かと比較されるのがとにかく嫌!そもそも比較する人の心理って?

 

 

親にしろ、大人にしろ、上司にしろ、先輩にしろ。

立場が上の人から、誰かと比較される事って本当に心がきついですよね…。

それがとても身近な家族だったりすると、なお辛いです。

自分をまるごと受け入れてほしい人なのに…

 

その中でも、親に幼い頃から誰かと比較ばかりされていると、自己肯定感は低下していき心が歪んでいってしまいます。

 

その結果、比較される事に敏感になり、誰かが褒められてる時に何故か自分に「出来てない!」と言われてるように感じてしまう…。

 

「比較しないで!」と訴えられる強さがあれば良いのだけど…。

 

しかし、どうして人は人を比較するのでしょう?

 

比較する人の心理をまとめてみました!

 

★★比較したがる人の5つの心理★★

1、自分もまた比較された

比較してくる人もまた比較対象だった事がある可能性も。

 

例えば、比較してくる人が末っ子だとしましょう。

昔、出来た長子と比較されて末っ子をかばいたくなったり、そういう時の長子の態度にイラついてしまうんだそうな。

 

その人も比較された被害者なのだから、比較しないようにする方向に向いて欲しいですね…。

 

 

2、嫉妬

もうこれに関しては人間である以上、仕方ないことなのかもしれません…。

 

自分に出来ない事をあなたがしていて、自分にとって都合の良い方を褒める事で心を保とうとする可哀想な人です。

 

例えばなんですが、良くあるのが学歴コンプレックス。

あなたが上司より良い大学に行っているとか、そんな事でも嫉妬してしまうので救いようがないです。

 

 

3、人生観

最近どの世代でもありがちなのがマイルールの押し付け。

 

相手が「こうすべき!」といった方法が、違う方法でも出来そうなのに押し付けてくる人っていますよね。

 

それに従わないだけでも、従ってくれる人と比較するんですよね^^;

 

確かに、相性の良さそうな人を味方にしたがるのは人間の本能なのかもしれませんが。

親子関係、仕事関係ならそれが後にひびを入れてしまいがちなのでやめた方が賢明なのにって思っちゃいますね。

 

 

4、真面目な頑張り屋さん

クラスに一人はいたと思いますが…。

 

几帳面で真面目でまっすぐでコツコツとする人。

そんな人が何故って思いますよね。

 

こういう人って手を抜いていても上手く立ち回れる人に負い目を感じるんですね。

 

だからコツコツやるタイプの人をかばいたくなってしまうのかも?

 

 

5、昔ながらの日本人の習性?

古風な人っていますよね。

 

そういう人って和を乱す事を嫌がるんですよね。

なので、和を乱す人と乱さない人の比較を初めてしまうんだそうな。

 

足並みを揃えるのではなく、お互いに話し合いすり合わせていけたら最高なんですがね。

 

 

と、こんな感じです^^;

 

比較は競争好きの人になら効く事もあるでしょうが…。

そんな人ばかりではないですよね…。

 

 

 

比較されると辛いのはみんな同じ?気にせず過ごせるようになりたい!

 

 

私も弟と比較されるのは本当に辛かったです!

未だに、親に比較された時の事を思い出してしまう時は、叫びたくなってしまいます。

 

みんな辛い思いしてるからって我慢しなくたって良いんです。

あなたにしかわからない辛さもあるのだから。

 

でも、自分の心を保つ為にも気にせず過ごせるようになりたいですよね…。

 

その為にどうしたら良いのか、私流も含めて紹介します!

 

 

★★比較してくる人を気にしない方法2選★★

1、スルー&社会的制裁

「人としてまだ未熟なんだな。」と思ってしまいましょう。笑

 

比較する事で優位に立とうとする人なんて放っておきましょう。

 

でももし、あなたが理不尽に感じた事、あなたの社会的地位が脅かされるものであれば、大人の振る舞いはしないで良いです。

 

未熟な人に理性的、感情的に責めても変わらないので社会的制裁をしてしまうのも一つの手です。

 

 

2、信頼出来る目上の人に相談する

その人の意見を聞いてみるっていうのもアリです。

 

自分の中では生まれない方法を示してくれるかも。

 

その中で自分で取捨選択をして行動に移すなりしてみると上手く対応出来るかもしれませんよ!

 

私は親だったのですが、祖母に相談してしまったんですね。

親にとっては姑の人に。

 

大人になって思うのは、親に対する不満や相談は、祖父母にはおすすめしません。

家族ではなく、親戚でもなく、友人やネットの相談サイトなど、客観的に聴いてもらえる人がベストですね…。

 

 

自分で自分を認める

あと、これは結構難しいことだとは承知ですが、自分で自分をありのままにしっかり受け入れるということも大切なんですよね。

比較されて辛いのは、自分では自分の価値を認めることができていなくて、外の評価が全てになっているから辛いんです。

なので、しっかり自分自身を認め受け入れるというのは大切なことなんです。

根本の解決は、難しいけどここだと思います。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしょうか?

 

これで、比較してくる人対策はバッチリなはず!

 

「自分が嫌がる事を人にしない。」そういうあなたでいたら、きっとあなたの良さがどこかでかわれます。

 

ですが、人が何を嫌がるかは人それぞれ。

難しいかもしれませんが、それを頭のどこかに置いておいたらどこかで良い働きをしてくれますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました